当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

むちうちなら岡山駅前整骨院

岡山駅前整骨院

足関節捻挫

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 膝が痛い

    足首の捻挫は日常でも起こりやすいけがの1つです。近年は女性のハイヒールの使用率や階段や建物の段差が増えたことで起こりやすくなってきています。またたかが捻挫と軽くみられる方が多いので今一度捻挫について考え方を変えていきましょう。足首捻挫はほぼ足関節を内側に捻って生じます。
    また靭帯の捻挫が生じるケースも多いです。場所として足関節外側の靭帯が損傷します。靭帯を損傷することで痛みや腫れが生じて外くるぶしの前や下に痛みがあり、腫れます。また、外くるぶしの前や下を押さえると、痛みます。

  2. 足関節捻挫に対する当院の考え

    膝が痛い

    捻挫は日ごろから起こりえるけがの一つですのでなじみがあるけがの一種です。また学生の方の多いですので成長期に放置していると癖になり悪化や再発が起きるのでしっかりと治療ケアしていきましょう。またスポーツでも多いので特にコンタクトスポーツのラグビーやバスケットボールなどに多いため注意し行きましょう。運動前にはしっかりとストレッチを行っていきましょう。運動前にはウォーミングアップをしっかり行いましょう。からだ全体を温めることで、関節の可動域が広がり、柔軟性が向上します。捻挫をはじめとするケガの予防になるだけでなく、パフォーマンスアップにもつながるメリットもあります。おなじみのラジオ体操もストレッチのひとつなりますので気軽にできます数えられます。しっかりとしたケアと予防により防げる怪我ですのでストレッチを行っていきましょう

  3. 足関節捻挫を放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    捻挫は軽度ののけがとみられていますが、放置しておくと重症化するリスクもあります。また靭帯が緩み癖なる可能性も高いため適切な治療が必要になります。捻挫は度合いによってランク三つに分けています。
    ①1度捻挫、靭帯が伸びる程度②2度捻挫、損傷を靭帯の一部が切れるもの③3度捻挫、靭帯が完全に切れるものと定義しています。治療としては1度捻挫と2度捻挫では、応急処置の基本と同様にRICE処置をおこないます。3度捻挫では、RICE処置をおこない、さらに2~3週間の固定をすることがあります。治療のRICEとは、 rest(安静)、ice(冷却)、compression(圧迫)、 elevation(挙上)の頭文字を 取ったものになります。ご自身でできることはなった際はアイシングを基本としてください。

  4. 足関節捻挫の改善方法

    膝の痛み

    足関節捻挫は基本的にはアイシングして安静になるのが好ましいです。しかし学生スポーツなどはテーピングで足関節を固定し過度の動きを抑える方法もあります。また市販のサポータなどもあるためご自身に合った方法でメンテナンスを行っていきましょう。RICE処置も部活動の顧問の先生や選手自身もできるようになれば好ましいです。rest(安静)、ice(冷却)、compression(圧迫)、 elevation(挙上)の四つの処置の頭文字を並べた ものです。 RICE処置は、捻挫や肉ばなれなどのケガで行います。 また痛みが取れてきたら筋肉や靭帯が固くなっていますのでストレッチを行っていきましょう。

  5. 足関節捻挫の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    明るい挨拶

    捻挫後に当院の対応としては捻挫度合いによって変わってきます。①1度捻挫、靭帯が伸びる程度②2度捻挫、損傷を靭帯の一部が切れるもの③3度捻挫、靭帯が完全に切れるものと定義しています。治療としては1度捻挫と2度捻挫では、応急処置の基本と同様にRICE処置をおこないます。3度捻挫では、RICE処置をおこない、さらに2~3週間の固定していきます。特に軽度のものは患部付近の筋肉をほぐしていきEMSによる電気治療や鍼で内出血の緩和などもできますので一度ご相談ください。炎症症状によっては二週間程治療がかかるためしっかりとした治療計画の下行っていきます

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    治療後筋肉や靭帯の血液循環が良くなることで症状緩和につながりますので早期の治療が好ましいです。また捻挫直後は腫れがあるため動きが悪くなり日常生活にも影響が出できますので早めの対応がいいです。また女性ではハイヒールを入っての仕事もありますので癖にならないためのも筋肉や靭帯の緩和が必要です。また炎症が引くことで腫脹もおさまり靴や靴下も履きやすくなりますので日常生活を楽に出来ますのでまずはご相談ください

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    捻挫直後は炎症反応が起こるためRICE処置が不可欠です。R(rest)休息、I(ice)患部を冷やす、C(compression)患部を圧迫する、E(elevation)挙上する、をすることが大切です。また鍼治療や損傷したところの靭帯の修復を早め、日常生活やスポーツの復帰を早めます。炎症がある場合は2週間ほどは週2回の頻度が望ましいのでご自身のできる頻度でご来院ください

▲ページの先頭へ戻る

岡山駅前整骨院のご案内

【住所】〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目5−10【電話】TEL:086-236-9666

岡山駅前整骨院景観
受付時間 土・祝・日
9:00~12:30 9:00~12:30
15:30~20:30 15:00~18:00

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

当院までの地図

JR岡山駅から徒歩3分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

提携コインパーキングが
あります(20台以上完備)

※詳しくは直接院までご連絡ください。

『三井のリパーク岡山奉還町1丁目第2・第3』
【住所】岡山市北区奉還町2丁目1−3
 →当院から徒歩2分

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る