悩みタイトル

お仕事がデスクワークで首と肩が痛くてお仕事中辛い
スポーツをしていて肩を上げるときに上がりずらく痛みがでている
大きい物を運んだ時に腰が痛くなった
いつも冬になると腰が痛くなりぎっくり腰のようになってしまう
ランニングをしていて下半身がだるくなりやすい
スポーツをしている最中に足を捻って足首を捻挫してしまった
料理をするときや文字を書いた時など肘が痛い
背中の丸みが気になって猫背を治したい
歩いている時立ち上がった時の膝の痛みがある

身体の痛みや不調、放っておいたらどうなるの?

お身体の痛みや不調を放っておいたらお身体に多大な損傷を起こしてしまい治療していくことも難しくなってきてしまいます。例えば肩では痛みを放置していると可動域がどんどん悪くなってしまってそれを肩の関節で補おうとして代償運動を行ってしまい肩の関節の炎症が起きてしまい五十肩になってしまうことがあります。腰では下半身の硬さ、可動域の狭さで痛みが起こりやすくなってしまいそしてその可動域以上にいきなり動かしてしまうとぎっくり腰になってしまうこともあります。

一般的なマッサージや整体で症状が軽減しない理由

一般的なマッサージや整体で症状がなかなか改善しないということはありませんか?その原因は痛みの部分だけ治療しているのも原因のひとつです。マッサージだけでは筋肉の硬さを改善することはできますがその痛みの原因に対しての治療はできていないことあります。痛みの原因は筋肉の硬さと骨格(姿勢)の2つの原因で痛みがでてきます。姿勢の状態が丸みがでていたり肩が内側に入っている状態でしたらどんなに筋肉の硬さを改善しても姿勢の丸みで筋肉が日常的に伸ばされてしまい硬さがでやすい体になってしまう為、姿勢を改善していくことで根本的に改善されていきます。

整体院と整骨院の大きな違い

整体院と整骨院の大きな違いを簡単にお話すると整体院は国家資格を持っていない方が治療をしています。整骨院は国家資格を持っている先生が治療をしています。何の国家資格かというと柔道整復師、鍼灸師という国から認められた先生たちが行っています。筋肉、骨、神経などお身体の状態をしっかりと勉強した先生たちが行っていますので安心して治療させて頂きます。国家資格を取得していない方が治療をすると筋肉、骨、神経などの損傷による合併症も起きてしまうこともあります。

当院の整体とは

当院の整体とは国家資格を用いて筋肉の硬さだけではなく骨格の歪みも治療させて頂きます。筋肉の硬さは日常生活の様々な動きによって筋肉に負担がかかりその負担が急性的に炎症が起こり痛みとして生じる場合と日常生活やお仕事の最中など長時間にわたって筋肉に負担がかかりその負担を何時間何日何か月と負担がかかってしまい慢性的に痛みが起きてしまう症状です。そんな症状で筋肉の硬さが起こってしまうことに対して治療させて頂きます。その症状が痛みとして現れた場合に当院では保険診療で指圧と遠赤外線とリファカラットで治療させて頂きます。保険診療は慢性的な肩こりや腰痛には適用になりません。しかし、その症状で痛みが生じている場合は保険診療の適用になります。保険診療は急性、亜急性の症状に適用になりますのでそんな症状に保険診療で治療させて頂きます。そして当院ではその筋肉の硬さの原因になっている骨格の歪みに対して治療をさせて頂く矯正治療もありますので違う治療院ではなかなか取れなかった痛みなどを根本的に治療をさせて頂きます。

当院の整体はこんな症状に効果があります

当院では先ほどのように保険診療で指圧と遠赤外線とリファカラットで筋肉の硬さに対して治療させて頂くのと実費診療の矯正治療で骨格・姿勢の歪みに対して治療させて頂きます。肩の辛さでお悩みの患者様には上半身矯正で辛さの原因である肩の内側に入ってしまう症状、骨盤・背骨・首の歪みに対して治療させて頂きます。上半身矯正を行うと今まで痛みが起こりやすくなっていた根本的な症状に対して治療させて頂きますので、今まで辛くなっていた動作などをした際に痛みが出にくくなってきます。腰の辛さでお悩みの患者様には下半身矯正で下半身の歪み、骨盤の歪みに対して治療させて頂き、股関節の可動域をあげることにより今までの座っている痛みなどそんな症状が出にくくなってきます。

整体を行う頻度は?

治療をさせて頂く治療頻度ですが、ペースと期間がとても重要になってきます。まずペースですが1回の治療だけでも十分効果はでてきます。しかし、その効果も長くは続いてきません。だいたい2.3日で戻りやすい状態になってしまいます。ですので理想的なペースでは2.3日に1回のペースが一番理想的です。1週間でお話ししますと1週間で2.3回のペースが一番良いです。そして期間ですが平均的には6ヶ月が必要になってきます。治療をさせて頂きその変化やお体の状態によって期間は変わってきますのでそちらはご来院して頂いた際にお話しさせていただきます。