悩みタイトル

腰の痛み
しびれ
長時間立てない
歩くと痛みやしびれがあるが休むと一時的に楽になる
①坐骨神経痛は腰の痛みが特徴的
②筋肉が固くなり坐骨神経を刺激し神経障害が出てしびれを起こす
③長時間立つことが困難で頻繁に座りたくなる
④間欠性歩行が特徴的で動くことが困難になるが休むと楽になる坐骨神経痛の痛みは自覚症状が主なため本人しかわからない部分ですのでメンタル的にもきつい
痛みの表現も人それぞれでビリビリするやヒリヒリするなど様々

坐骨神経痛に対する当院の考え

坐骨神経痛は梨状筋の筋肉が固くなった結果坐骨神経痛になり症状が現れるため筋肉のケアで手技治療を行う。また骨盤のゆがみなどでも多るため矯正治療が有効的である。梨状筋はお尻周りにある筋肉であり広く大きい筋肉であるため疲労もたまりやすい。また歩行時に必ず使う筋肉であるため日々のケアが大切である。またデスクワークが多くなった世の中ではお尻周りの筋肉が固くなっているため一時的なケアは手技治療が有効。筋肉が固くなる原因としてライフスタイルの問題もありますが根本原因として骨盤のゆがみもかかわってきます。原因の梨状筋は骨盤の周りに存在するため骨盤がゆがむと筋肉が伸ばされるため固くなる

坐骨神経痛を放っておくとどうなるのか

坐骨神経痛は放置していると悪化の傾向に向いていきます。今ある腰、臀部、おしりから足、太腿から爪先までにかけてのさまざまな痛みや、痺れ、違和感のある症状に何度も襲われます。ひどくなった場合には、座ったり、歩いたり、しゃがんだりすることが、困難になり歩行障害になります。また、神経障害も引き起こすため排尿・排便が苦しくなり排便排尿障害なたりします。 また、痛みにより自律神経が乱れ痛くて寝れない、眠れないなど生活に支障をきたすことになりかねませんの早めの治療をお勧めしています。また坐骨神経痛は誰しもがなりうる症状ですので予防治療が重要なため日々運動や日頃のケアなどにも目を向けていきましょう。

坐骨神経痛の軽減方法

坐骨神経痛はお尻周りの筋肉の梨状筋が固くなっていることが原因のためセルフケアとしてストレッチが有効です。ストレッチ方法として様々なものがありますが代表的なストレッチとして①右ひざを立て、左ももの外側へクロスさせる。→ ②左足は内側に曲げ、ひざの位置をできるだけ体の中央に近づける。→③ 両手で右足を抱えたら、背中を丸めながら前傾して30秒キープ。→④ 足を組み替えて同様に行う方法がありますのでやってみてください。坐骨神経痛の治療法には「保存療法」と「手術療法」があります。
「保存療法」は、手術以外の治療方法で種類も多様にあり、生活習慣やライフスタイルに合わせて行っていきます。

坐骨神経痛の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

坐骨神経痛に対して当院が推奨している治療は①骨盤矯正②鍼治療①骨盤矯正は坐骨神経痛は骨盤のゆがみから筋肉が固くなり痛みはしびれを引き起こすケースが多いため骨盤の正しい位置に動かすことが重要です。骨盤は自分自身で動かすことが不可能なため我々プロに任せてください。また骨盤が正しい位置に安定するまでは期間を要するため適切な期間とペースが重要です。②鍼治療に関しては梨状筋はお尻周りの筋肉であるため大きく深い所にあるため指圧ではなかなか届きにくいため鍼で奥の固い筋肉にアプローチが重要です。また鍼はしびれに対しても効果的な治療ですので骨盤矯正と鍼の組み合わせは非常に効果的です

その施術を受けるとどう楽になるのか

骨盤矯正や鍼治療を行うことで周りの筋肉が柔らかくなりより痛みはしびれが改善されます。治療を行うことで血液循環が周りの筋肉に栄養がいきわたります。また筋肉が柔らかくなってくると体自体がその柔らかさを覚えてくるため痛みが出にくくなります。坐骨神経痛は一度発症してしまうと再発がみられることがあるため定期的なメンテナンスや治療が必要になってきます。また骨盤が正しい位置に安定するまでは期間を要するため適切な期間とペースが重要です

改善するために必要な施術頻度は?

まず期間は長くみられることをお勧めしています。骨盤が正しい位置になるまでが最低6か月はかかりますがこれで治るわけではないです。長年の筋肉の固さがみられるため12か月間の治療をお勧めしています。治療は筋トレとよく似ていて一回腹筋をしても筋肉がつくわけではなく期間をかけてトレーニングをしていくことで筋肉がついていきます。大体3か月で身体変化が見られ6か月で体内変化が出ますので最低半年をめどに行いましょう。

坐骨神経痛関連でよくある質問

明るい挨拶

  • 坐骨神経痛でよくあるのがお尻の裏側から足にかけて痛みやしびれが出てくる人が多くなっています。坐骨神経痛で多いのが腰部脊柱管狭窄症で脊柱管は年齢とともに狭くなるため、60代・70代・80代の方に起こりやすいそうです。今はまだ加齢しか明確にわかってる原因はないそうです。なので年齢が比較的高い人で坐骨神経痛があるのであれば疑った方がいいかもしれません。もし、脊柱管狭窄症だった場合は動くときに神経が圧迫されやすいらしく安静時には症状がないみたいなので安静にするのが一番落ち着きやすいそうです。また、背筋を伸ばして立ったり歩いたりすると足に痛みやしびれなどが生じて歩けなくなることが多くなりやすいみたいなので前かがみになったり腰かけ休息したりすると症状は緩和されるそうです。

  • 坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアによってなる方もいるそうです。腰椎と腰椎の間のクッションのような役割を果たす椎間板の組織が飛び出てしまう病気みたいで椎間板が脱出すると脊柱管の中にある神経が圧迫され、坐骨神経痛の症状が起こるみたいです。椎間板ヘルニアは20代・30代・40代の比較的若い年齢層に起りやすいみたいです。なので若い人で坐骨神経痛があるなら腰椎椎間板ヘルニアを疑った方がいいそうです。椎間板ヘルニアだと整骨院での治療はできないので早めに病院に見に行ってあげる方が必要です。病院であれば鎮痛剤がもらえるので激しい痛みがヘルニアには出やすいみたいなので患者様の負担を減らしてあげるためにも早めの治療が必要になってきます。温熱療法やリハビリもあるみたいなのでうまく整骨院や病院でも治療はできるそうです。

  • 坐骨神経痛の梨状筋症候群というものがあり梨状筋症候群は、臀部の筋肉の梨状筋があり、そこの筋肉が硬くなったりすることで坐骨神経を刺激しやすくなり坐骨神経痛が出やすくなるそうです。臀部から下肢にかけて痛みとしびれが出やすくなるみたいで座っているときや、膝を内側に向けた内股の姿勢で、症状が強くなるのが多く見られるそうです。梨状筋は、臀部の後ろ側から出て、大腿骨につながる筋肉です。坐骨神経は、梨状筋がつくるトンネルを通っているため、梨状筋の柔軟性が失われて固くなると、坐骨神経を締め付けてしまいます。ストレッチやマッサージが有効ですので早めに整骨院でマッサージやストレッチを受けてみた方がいいと思います。